RukeとLuNaYuの日記
I know the truth.
I know whole.
And I...know you.
平凡な大学生活の日記です。時折まじめな長文を書く病気になります。興味がなければ読み飛ばしてください。
200503 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 200505
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エックスレイ (2005/04/29(金) 02:19:50)
X線の実験の山場が終り。後は時間のかかる作図だけ。

微調整を繰り返す、精神的に馴染まない作業だったので、時間がかかったわりに大変ではなかったけれど、時間以上に疲れた。

X線はつまりは放射線なので、いろいろと安全対策がしてある。けれど、やはり目に見えないし臭いもしないものなので、何となく空気中に有毒ガスが充満しているような気分になってしまい、随分と無教養な(つまりゴジラ映画と同じ姿勢)怯え方をしていたりした。

だけど、指導教官もセキュリティを解除して蛍光板で放射線がちゃんと出ているか確認しながら光軸を確認する時、出力をできるだけ下げて作業を行おうとしていて、結構へっぴり腰で、うん、ちょっと安心した。ていうか、こちらは、被爆の危険が実際にあるので、注意しすぎるという事はないんだけど。


すごくどうでも良い事だけど、僕の机に置いてある電波時計。これは実は相対論的な時間とは異なる、「絶対時間」を表示する驚異的な時計だ。この時計は運動しても遅れない!すげー。
スポンサーサイト
マクスウェルの関係式 (2005/04/28(木) 01:44:37)

熱力学のマクスウェルの関係式について。

これは、U,H,F,G(Sおよびそのルジャンドル変換にも同様のものがある)が熱力学的関数(状態量)であるという事の必要十分条件として普通導かれる。

しかし、熱力学的関数であるという事の要請はこのうち一つに対して行えば十分だ。

そもそも理論上はこれらのうちの一つだけを主役とし、他は便宜的に導入する人為的な関数として扱う事もできる。

もちろんこれらを結びつけるルジャンドル変換には、熱力学のこの文脈においては、単に変数をとりかえるという事のみならず、示量性変数と示強性変数とをとりかえるという意味を持ち、実際の(少なくとも地球上の)ほとんどの現象は恒温、恒圧環境の中にどっぷりつかって起こるからこれらは本質的に重要だ。

ただ問題なのは、マクスウェルの関係式はほとんどの場合単なる計算テクニックとして用いられるという事だ。それらが物理的意味を持つ事柄と中途半端に結びついているのは気分が悪い。Uに対するマクスウェルの関係式以外は、H,G,Fの存在を全く念頭におかずに導出できた方が気持ちが良い。もちろんそれは原理的には必ず可能なはずなのだが、もしそれが実際は非常に難しいのならば、こうした関係式の導き出し方は、H,F,Gとは関係なく計算テクニックとして割り切った上で系統的に整備されていてしかるべきだ。

実は、マクスウェルの関係式を熱力学関数のルジャンドル変換を経由せずに互いから互いを導出する事は意外に簡単である。例えばから


が導かれる。

これに をかけると通常エンタルピーHが熱力学的関数であることから導出される

が出てくる。

激しくしょうもない話だけどきになってしょうがなかったのでしばらく考えてみたら何の事はない話でしたとさ。いや、現状、こんなことしている場合じゃないんだけど…

ミズハケ (2005/04/27(水) 02:04:31)
本郷、水捌け悪すぎ。ちょっとしゃれにならんほど汚れてしまった。
ニャンニャカニャン (2005/04/26(火) 02:19:32)
実験レポートでけた。
正確には後印刷してグラフをはっつけて終了。

う~ん、実験レポート一回書く度に水木月の講義を全部休んでたら本末転倒もいいところだ。大体内容も実験手順を細かく箇条書きで書き出したりと意味のない時間のかけ方をしている所が多い。演習レポートも一回目が時間かかりすぎたので二回目は時間がかからないよう、手を抜きながら重要なところは外さないよう気をつけた。こちらもどうにかするべきだな、うん。

明日は講義の日(勝手に命名)なのでいい加減2限から学校に行かなきゃ。明日は8時30に起きるといっても、もう親が信用してくれないけど(泣)。最近いつも、明日は朝からおきるからと言って朝食を用意しておいてもらって、昼にそれを食べるという泣ける生活。う~ん、廃れている。
ニャーイ (2005/04/23(土) 14:34:31)
http://user.ecc.u-tokyo.ac.jp/~ss36069/report/
アザラシ (2005/04/23(土) 03:07:20)
mixi がアザラシに見える脆弱性 を読んでなんのこっちゃと
ソーシャル・ネットワーキングサイト [mixi(ミクシィ)]
を見て…。爆笑。秀逸すぎる。これは確かに二義図形ですらなく、知ってしまったら後戻りできない。新たなる世界にようこそ。
ゲツカー (2005/04/22(金) 23:42:35)
今月はバイトできる日があんまりなく、しかもノートパソコンなんていう一世一代(?)の大出費があったので、バイトのシフト表でできる所には欲張って○をつけておいたら、来週の月火とも二コマ入ることになった。何だか非常に簡単に死ねそう。

明日は文芸部の新歓だし、明後日は五月祭の事で本郷に行かなければならないし、水曜日からは次の実験だしで、、、今日明日くらいで気合で実験レポートを仕上げたとしても演習のレポートを書ける気がしない。
スリーフォース (2005/04/22(金) 01:17:54)
結局、午後半ばに定めた(妥協した)最低目標は達成。つまり三つ実施した実験のうち簡単な二つと解いて来いといわれた四つの問題のうち簡単な三つはレポートにした。

分量的にはこれで3/4くらいで後一瞬で完成しそうなもんなんだけど、もう一つの実験は、何がどういう原理で測定されてそれをどういうふうに計算すれば良いのかさっぱり理解していない。さっぱり理解していないというのは最悪の状況で、つまりどれくらい時間がかかるか分からない。まあでも土日をうまく使えばどうにかなるかな。

こんな物を書いたつながりでなんとなく最近読んでいる本を紹介。

まあ万物理論って訳題は訳者が勝手につけたのであって、現代は作中に出てくる架空の病気Distressなんだけど。とにかく、いわゆるがちがちのハードSFというやつで、結構よくできている。
サボリー (2005/04/21(木) 00:30:32)
どう考えても今日と明日で実験レポートを仕上げないと地獄を見るのだけど、、、まあ色々あってまだ表紙と少ししかできていない。わざわざ学校さぼったのに何をやっているんだか。やっぱあれだ、今日と明日で、、、ってシチュエーションがいかん。どうしても明日一日でもどうにか、、、って思考になる。これが今日だけで、、だったら多分もうできている。とにかく今週末はいろいろあってほとんど時間が使えそうにないから今日と明日でできなかったら来週の月曜日を使うしかなく、そこにバイトが入ったらまじでピンチ。
エーイチ (2005/04/18(月) 21:47:22)
先学期の英Iが不可ってた。いやまあ、進級できている時点で平均点合格はわかっているので何の問題もないのだが(ないのか?)こんな成績が返ってきたら一瞬どきっとするよなあ。
イロイロ (2005/04/18(月) 00:23:25)
昨日は文芸部の新歓コンパ。二人の新入生が来てくれてなかなかもりあがった。珍しくぶっ飛んだNOISEのテーマが決まった。

ここに書いた不確定性関係の等号条件は結局、とにかくそのまま書き下した物を聞いていただけらしい。つまり、等号を実現するための操作(誤解がありそうだけど量子系上の操作という意味ではなく単に統合を満たす状態を見つける手順という意味。例えばシュワルツの不等式では平行な時に等号が成り立ち、``角度''が広がるほど両辺の差が開く、という描像を等号条件が与えてくれる)を具体的に与えてくれるような条件があるわけではない。

デビルマンは駄目。B級映画とかそういう問題ではない。売り物としてのクオリティになっていない。一人ずつ前に出てしゃべる出来の悪い演劇のようなシーンがあるし。CGシーンは合成をほとんど使っていないのもあってほとんど別の映画だしその上造形はいいんだけど動きが違和感ありまくりでゲームのムービーみたいだし。後半ようやく主役の双子が下手なりに乗ってきて、映画としての空気が出来てきた感があるけれどクライマックスのサタンvs.デビルマンが全然盛り上がらないため不完全燃焼。シレーヌがCGシーンになると突然露出度が上がるのも意味不明で裏のごたごたを感じさせる。というか特別出演で~す、友情出演で~す、が多過ぎ。
デケタ (2005/04/17(日) 22:59:19)
演習レポート二回目。死にそう。最後の方の公式は何となく見た事があっただけで導いてみたのは初めて。多分無限積の掛け算で項毎に処理すると死ぬと思うのでできるだけパラメタによる微分や積分で処理した。
ダビュリュツー (2005/04/16(土) 00:37:39)
かなり前から2スピンドルB5モバイルノートと呼ばれるノートパソコンが欲しくて、しかも価格の問題を除けば、Let's NOTE W2以外の選択肢はあり得ないと感じていた。キーボードなどいくつかの点で最良ではない部分があるけれど、他社の技術的な難易度が先にあってユーザの利用シーンをそれに合わせて変える事を要求しがちな姿勢と比べて、ユーザがモバイルノートに何を求めていて何を求めていないかをきちんと認識してその求められている部分に関してだけ、技術と気合で満足の行くレベルを達しようとしている、そんな姿勢が感じられていたからだ。

#例えばシェルドライブは雑誌記事などではちょっとした変わった点といった感じでしか扱っていないけれど、実際の利用シーンを考えればものすごいアピールポイントだ。横に引き出す必要があるスリムタイプのドライブは思いの外スペースを必要とする。

だから、こいつを買えばほとんど(値段相応とかそういうことでなしに)不満を感じる事はないだろうという期待があったし、逆に他のものを買えば必ず不満な点が生じるだろうとも思っていて、虎視眈々と待っていた。
ギャー (2005/04/15(金) 01:56:39)
Let's NOTEの文章消えたー。というか、何度かこういうことがあったのだけど、今やっとAlt+左矢印キーを押してしまう誤操作による物だとわかった。

まあもう書く気がなくなったし、デジカメが何故か見つからず文章ばっかりだったしなのでもう寝よう。ていうか、デジカメどこいった?
キューケー (2005/04/14(木) 20:21:24)
昨日今日と実験だったんだけど、とにかく片付けて帰ってきたら久しぶりにいくらか時間があいている。昨日演習の解答を作っておいてよかった。

演習はひとつだけ問題があって、不確定性関係の等号条件というのがよくわからない。自分の知っている証明は(シュワルツの不等式を使うやつ)途中で虚部をとるなど不等式の主張を強める部分があって、(交換しない場合に)不確定性関係が0にならないという以上の事は言っていない、と思っていたんだけど、具体的に等号を満たす状態が必ず存在するのだろうか。とりあえず不等式は出ているのだから等号条件を書き下してみたけれど意味のありそうな形で表現することができない。手持ちの数冊の本にも言及はないし・・・。うーん。

まあとにかく今日は少しLet' NOTEの自慢がかけるかも。
あ、でもその前に借りてきたデビルマンを見なきゃ。
カゼ (2005/04/14(木) 01:51:01)
ちょっと本当に風邪がやばい。んだけど休めない。がー。
とにかく演習の解答は作った。
シニカケ (2005/04/10(日) 01:40:33)
暖かくなったなーと思って、掛け布団x2+毛布x1->掛け布団x2に変更したら一発でやられました、風邪に。始終頭がぼーっとしているので発熱しているかも。気分が悪いわけではないのだけど、どうしようもなくだるくブログの更新もままならない状況。。。

なのは本当なんだけど、一番初めのモデルが発表されてから虎視眈々と狙っていたLet's note W2を一年発起して購入してしまったので、その設定を延々と。むしろ体のいろいろな部分が辛くてまともに寝られないのもあってあまり寝ていない。

そんな状態なので効率もすこぶる悪く、あれ、今何インストールしようとしたんだっけ?と呆然として、ふと思い至って移行し忘れていたデータを移行したりとあっちいったりこっちいったり。

本当ならこの土曜のうちにセットアップを終えて、WindowsXPを誉めたり貶したり、生協に対してあれこれ文句をつけたりしながらLet's noteをべた褒めしつつ写真貼りまくりで自慢しまくり~なブログっぽい記事を投稿する予定だったのだけど、なかなか終りが見えない。(でも後はJAVAの開発環境とTeXの環境だけかな?)

こんな状況で火曜日のバイトを受けてしまったのだけど大丈夫なのだろうか。というかこの生活は風邪を治そうとしている人間の生活ではない。水木と実験だし、金曜日の演習の解答レポート(発表者以外も全部解いて提出するんだって)はどう考えても明日中に作らないと間に合わない。
ヤッパリクーフク (2005/04/08(金) 02:24:55)
長文を書いてたら操作間違えて消えた(泣)。

やっぱり夕食前に物凄く空腹になり、何だか育ち盛りの高校生になった気分。本当に、去年一年間滅茶苦茶な生活をしていたのが良く判る。

でも、、この体はもはや高校生の時とは違うんだ、今食べてもエネルギーになる事はなくただただ贅肉に変換されるんだ、と分かっていても、帰宅途中に何か食べてしまう。今日はラーメン。うーん、怖い。
メモリ (2005/04/08(金) 00:40:05)
今週末には1GBメモリが1万円割れに、一部ショップが予告開始
だそうなのでこの機会にメモリを2GBに増やすか、と意気込んでいたのだけど、、、ふと気になって調べてみたら自分のPCは512MBx2の構成だった。がーん。

自分の記憶の中では、デュアルチャンネルがないからといって明確にパフォーマンスが落ちるわけでもないので、1GBx1にしておけば後で1GB追加してデュアルチャンネルかつ2GBの環境にできる…と考えた事になっているんだけど…。現実の自分は、どうせ2GBも必要になる事なんてないし、2枚挿してデュアルチャンネルだぜい、とか軽薄な事を考えていたらしい。

いやまあATI Control Centerのせいで起動直後の使用メモリが精神衛生上良くないレベルまで増えてしまっているのが気になるだけで、冷静に考えればメモリ2GBも必要ないんだけどね。
ニャン (2005/04/08(金) 00:29:07)
あ、今学期取るぶんの単位を計算してなかったのか。少ないというわけではないけれど、どうにか興味の持てる範囲の講義だけで単位を足らす事ができそう。
デリート (2005/04/07(木) 02:38:38)
いくらなんでもあれだったので削除
クーフク (2005/04/07(木) 00:30:21)
何だか。
生活リズムが正常に戻ったら、夕食前にお腹が空くようになった。なんとも新鮮な感覚。

でも今日は結局2限には間に合わず。だって実験学なんだもん。

実験のガイダンスは各実験の時に個別に行えば良いことばかり。X線回折の講義とか始めるし。これでサークルオリの手伝いに行けないのは何だかなあ。実験は班で行うので他のメンバーに迷惑がかかっても…と思って最後まで居たけど、別に抜けてもよさそう。ここで聞いた事、実験する時まで覚えているわけがない。明日は安全衛生教育は聞く事が義務付けられているので聞くとして、それが終わった時間によっては抜けて駒場まで行くかな。。。
ホンジツノジギョー (2005/04/05(火) 23:30:28)
今日の量子力学の講義では、散々波動関数を例に説明しておいて、「(双対ベクトル空間が元のベクトル空間より大きなるのは)無限次元のような変な時にしか起きないので…」と暴言を吐いていた。いやまあ口がすべっただけなのだろうけれど、やっぱ量子情報の人だしちょっと勘繰る。僕自身清水先生のヒルベルト空間論から入る講義によって伝統的な教育とやらを回避できて大いに助かったと思っている口なので、現実はどうあれ、研究対象としても教える上での例としても、最も初等的なのはC2だとほとんど信念として思っている。

この辺り朝永先生の本では面白くて、スピン自由度を表現する場合に位置に関する波動関数を援用できるとし、その変域が集合{-1/2,1/2}なのだとしている。そしてその上で二つしか値を指定する必要がないからと数ベクトル表記に移っている。全然初等的でない方が先にあり、そのアナロジーとして初等的な方を議論するというのは、歴史が感じられて面白い。

この朝永先生の本なんだけど、なんだか今回の講義と構成がそっくりだ。別にこの本が教科書というわけはないし、そもそも歴史的意義に主眼が置かれた(先生の死後に英語原稿や未完成原稿から編まれた)本なんだけど、いろいろと比較できるかも。

ニャー (2005/04/05(火) 23:04:29)
必修30単位とは別に32単位必要なんだって。がーん。そんな風になるなら、教養課程のバランスの悪さをどうにかしてほしい。3年から忙しすぎ。

んで修正版。
月 X-光学-[実験]-[実験]-実験]
火 X-[量子力学]-[物理数学]-計算数学-(代数学?)
水 X-現代物理実験学-[実験]-[実験]-[実験]
木 X-[電磁気学]-[実験]-[実験]-[実験]
金 X-[統計力学]-[演習]-[演習]-(時々講演&お茶会)

ていうかさ、実験のせいで選択科目ほとんど入れられない。。。4年で余裕はできるようだけれど、早い段階で安心できる状況にしておきたいんだけどな。

数学科が本郷で開講してくれるらしい代数学XCについては、受講して火曜日を「講義の日」にしようかと思ったりもするのだけど、授業一覧表には載っていないのが気になる。

この他に選択科目で卒業までに今のところ履修したいと思っているのは、まず独立性の高い大きな分野の導入的な講義として(今学期の光学もこの範疇に入る)

・流体力学
・場の量子論
・一般相対論

物性的な応用、特に統計物理に関して
・統計物理学特論
・物性物理学特論
・固体物理学I
・固体物理学II
・物質科学基礎

光物(違)
・量子光学
・プラズマ物理学

素粒子及び宇宙系(今のところ余り興味はないけれどまあやっておかなけりゃならないだろう)
・原子核物理学
・素粒子物理学
・宇宙物理学

単位のために
・現代実験物理学II
・現代物理学入門

全然足りてない…。

後は情報学科にお邪魔して抽象的な部分を聞きかじるかな…。
タイムテーブル (2005/04/04(月) 23:09:43)
月 X-X-実験-実験-実験
火 X-量子力学-物理数学-X-X
水 X-X-実験-実験-実験
木 X-電磁気学-実験-実験-実験
金 X-統計力学-演習-演習-(時々講演&お茶会)

あれ?実験ない時は意外と楽?
当面の実験の日程は6,7はガイダンスで、13,14,18が真空技術、27,28,5/2がX線回折か。。。

必修以外で必要なのは卒業までにたったの2単位なので、特に急ぐ必要はないけれど、必修以外では
月2 光学または情報論理
火4 計算数学I
を検討中。
コンクラーヴェ (2005/04/04(月) 16:59:28)
コンクラーヴェって単語さあ、、、いくらなんでも出来すぎだよね。
ドーニカ (2005/04/03(日) 00:25:45)
責任は自分に発生するのに原因となる決定と行動は他の人々によってなされたとあるトラブルは、解決の目処は全く立たず、作業にかける十分な時間を確保できるとは思えなかったので徹底的に拒絶して以前の状態に戻させようと思っていたのだけど、とりあえず泥沼の作業にならない範囲での作業を行ってみた所どうにかなったのでまあ良しとしよう。まあここまでならぎりぎり、面倒を見ても良いかなというレベルに収まったので。それでも時間だけでなく精神的に非常に疲弊した。

その後新歓活動の協力要員とやらをしに駒場まで。もうこれでひとまず駒場とはお別れ(まあ文芸部で時々来るだろうけど)なので、三島でたこ焼きと焼きうどんの遅めの昼食をとる。んで、協力要員のお仕事は17:00から19:00ということだったんだけど、ゴミ拾いだけで20分で終わった。これ、自治会の人だけで、もしくは早めに来た人たちだけで出席確認をしている間に、終わったのではないだろうか。

もともと昨日に派遣しなければならなかったのが、行ける人がいなかったので今日に変えてもらって僕が行ったんだけど、それが項を相したのかも(こうもそうも漢字が分からないのだけどIMEはこう変換した)。それともどの仕事も同じようなものだったのかな。
(C)Copyright 2003-2007 by Ruke All rights reserved. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。