RukeとLuNaYuの日記
I know the truth.
I know whole.
And I...know you.
平凡な大学生活の日記です。時折まじめな長文を書く病気になります。興味がなければ読み飛ばしてください。
200508 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 200510
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローレンツ短縮に関するもう一つの重要な注意は、一つ前の記事でも少しこの言い回しを使ったが「運動する長さLの棒」「運動する球体」って一体なんだ?という事だ。

[ローレンツコントラクションフォー]の続きを読む
スポンサーサイト
さて、電磁場という未知の自由度が見つかって、そのガリレイ不変な物理法則を見つけようとする試みは失敗した。もちろんそうなれば、まず第一に、ガリレイ変換に類似の対称性が存在するという期待を放棄するのが一番自然だ。ところが、いくつかの実験が、ガリレイ変換ではないものの、その類似した変換に関する対称性をこの世界が備えているという事を強く示唆した。これらの実験とは、つまりは光速度一定を確かめたとして通常参照される実験の事だ。

そうして我々が見出したのが変換x'=(x-vt)/sqrt(1-v^2/c^2),t'=(t-vx/c^2)/sqrt(1-v^2/c^2)に関する対称性だ。この対称性を満たす物理法則の下で何が起こるか。このことをローレンツ短縮と呼ばれる現象に関して考えてみる。
(C)Copyright 2003-2007 by Ruke All rights reserved. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。