RukeとLuNaYuの日記
I know the truth.
I know whole.
And I...know you.
平凡な大学生活の日記です。時折まじめな長文を書く病気になります。興味がなければ読み飛ばしてください。
200509 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200511
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホログラムツクッタヨー (2005/10/04(火) 02:06:01)
まずレーザー光再生ホログラム。
holoPika1.jpg

このピカチュウ撮影すると
holoPika2.jpg

こうなる。あまりちゃんと見えないのは、デジカメでうまく写せなかったからで実際はもっと鮮明に見える。意外に明るさの幅が大きいためにデジカメだと色が飛ぶか輪郭が失われるかという状況になってしまった。人間の目には楽勝なのに。でも、この写真でも、良く見れば、目と耳がちゃんとわかる。実際には、非常に立体的に見える。

次に白色光再生可能なイメージホログラム。

meow1.jpg

ちょっと見難いけれど、ナーゴがこの向きで見えている。

meow2.jpg

meow3.jpg


meow4.jpg

ここから先いくつかの写真では、ナーゴがこの向きに見えている。

meowseries1.jpg

頭と前足二本までが明るく見える。

meowseries2.jpg

乾板表面のムラが目立っているため見難いけれど、実はナーゴのディティールが非常に良く見えている。

これらの写真がどれも余りよく取れていないのは、撮影が失敗しない事を優先して一部分だけを選択的に特に明るく照明したからだ。このため色が飛びやすくなってしまった。特にイメージホログラムでは物体光の光量について神経質になる必要はないようなので、これからやる人は、イメージホログラムを作る時には被写体が全体的に満遍なく照明されるようにすると良いと思う。また、レンズの位置を工夫すれば撮影する像の大きさを調節できるから、像をある程度大きくしておいた方が特徴やディティールがわかりやすくなると思う。一日目に少しはあったが、撮影と現像自体にはほとんど失敗しなかった。これらの手順に関する技術的な難しさはないと言って良いと思う。光量と照明のしかたと使用する赤色のレーザー光を良く散乱する被写体にさえ気を付ければ感動的なホログラムを作る事ができるだろう。

最後に、これは僕らが作ったのではなく、以前誰かが作った物らしいのだが、明暗が極端でないために、デジカメで綺麗にとれたので載せておく。

pityu.jpg

被写体はピチュウだ。

最後に、ナーゴのホログラムを再生中の動画と、ピチュウのホログラムを再生中の動画。
meowmovie.gif

pityumovie.gif


めずらしく大学のカリキュラムに感謝した一週間でした。
スポンサーサイト
(C)Copyright 2003-2007 by Ruke All rights reserved. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。