RukeとLuNaYuの日記
I know the truth.
I know whole.
And I...know you.
平凡な大学生活の日記です。時折まじめな長文を書く病気になります。興味がなければ読み飛ばしてください。
200602 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200604
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビダン (2006/03/31(金) 23:43:37)
政治で、とにかく手段を選ばずに有利な立場を得ようと思ったら、およそ最強の手段は、茶番だろうと何だろうと相手を許す美談を作る事だろうと思う。

もちろん犯罪は許されない。しかし犯罪は政治家の意向に関係なく裁かれる(必ずしもそうではない大人の事情はあるにせよ)。

対立陣営に所属するものの、犯罪とは見なせないが誉められたものではない行為についてそれが広く知れ渡る事を妨げる義理はない。しかしそれを積極的に糾弾するよりも、それをとりたてて問題にしない度量の広さを示す事の方が長期的に見れば戦略として優れている。なぜならば前者は相手の株を下げる行為であるのに対して後者は自分の株を上げる行為だからだ。そして相手を非難する代わりに寛容を示す行為は、「温い」行為に見えるけれど、実ははるかに質の悪い「攻撃」なのだ。それは相手の行動を強力に制限し、両者の位置関係を問答無用で決定する。相手は「~して何が悪い」と開き直ることすらできない。「悪い」と言われていないからだ。相手は屈辱に打ち震える事しかできない。

だから民主党の失敗は、偽の情報に踊らされた事よりも何よりも、相手の隙につけこむ愚かな政治から抜け出せなかった事にある。それは相手を批判しながらその実相手に依存するどうしようもない脆さを持っていて、相手に隙がないとどうしようもない事と隙を見誤ると大きなダメージを受けるという問題点がある。今回の場合後者が問題になったわけだが、問題は、マニフェストというキーワードを戦略的に用いて政策で勝負するという路線を国民に印象付けることに部分的にせよ成功してからそんな事は忘れてしまったかのように政府・与党の荒探しをする路線に戻ってしまった事だ。スキャンダルは寛容に許す、それが地雷を踏む危険性を回避しながら同時に労せずして相手より高い位置を取れる戦略だ。

今日の民主党執行部の辞任に至る経緯も、全く以って優雅さに欠ける代物だった。自民党の失態は「許される」べきだった。そうやって問答無用で前原代表の辞任の機会を奪うべきだったのだ。それは民主党に決定的ダメージを与えただろう。実際には民主党は執行部辞任という事態にまで追い込まれた。しかしその事は政府・与党の評価を高める事にはならない。国民のこの件に関する関心はとっくに薄れている。下手したら民主党の建て直しに協力した事になりかねない。この民主党の失態を最大限に活用する唯一の方法はそれを許して美談を作る事だった。

小泉首相ってパフォーマンス好きだったはずなんだけどなあ。

別に与党でも野党でも何でも良いから、もうちょっと「劇的な政治」をしてほしい。
スポンサーサイト
ファッション (2006/03/30(木) 15:38:58)
中学英語レベルの簡単な言葉ほど微妙なニュアンスがあって訳しづらいものですが、最近判ってきた事。

likeとかsimilar toとかは「っぽい」と訳せば万事OK。
~fashionは「~なノリ」と訳せば万事OK。

不思議なほどうまく行きます。
アイポッドナノ (2006/03/30(木) 02:04:07)
運命の悪戯でiPod nanoが手に入ってしまった。。。本当に良かったんだろうか。。。

まあとにかくこのiPod君は、僕の手に入った瞬間から、普通のiPodとしての人生はありえなくなってしまったわけで。。。

問答無用でiPodLinuxを導入(かなり試行錯誤が必要)。

んで、さらに
iDoommmmmmmmmm!!

060330_0214~001.jpg


他にも元気にマンデルブローを描いたりしています。

んで、Dockの類と、保護カバーなりシールなりを買おうと思って物色したのだが、やはり机の上をケーブルを這わせるのはやだなーと思っていたところ、素晴らしい製品が。
http://www.century.co.jp/products/mac/iarm.html
これで、iPod shuffleのように使えるぜ。携帯ストレージとして使うにはどのみちUSBがなければいけないので、これは常にiPodにつけておいて、USBコネクタで抜き差しをするつもり。

060330_0203~002.jpg


060330_0203~001.jpg


で、保護シールも買ってきたのだけど、貼るの難しすぎる。。。というか失敗した。保護ケースの方が良いのかなあ。でも、保護ケースって、埃とかが内部に侵入するので意味がない気がする。アクリルパネルの傷は我慢するとして液晶部分だけのシールとかを貼るならサイズが大きめに用意されていれば難しくはないはずだけど、大きいiPodなら液晶だけのシールってあるのだが、iPod nano用は見つからなかった。
ザッキ (2006/03/26(日) 23:14:06)
物理演算プロセッサがやっと発売されたらしい。大きくなりましたの類に一々金をつぎこむ気にはなれないけれど、こういう色々遊べそうなデバイスは貴重だ。

電子アーカイブで過去の学術雑誌を初公開
カンヅメ (2006/03/26(日) 04:31:13)
微妙にプチ缶詰状態。ていうか、昼夜逆転を二回繰り返すと元に戻るかといったら戻らないんだな、うん。これはあくまで逆転ではなくて、ずれであって、12時間進んでいたら12時間戻らないと元には戻らない。
ニャー (2006/03/23(木) 23:55:40)
突然完膚なきほどに腹が痛くなってきた。


んで、一つだけ。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/25/news038.html
人工知能の分野でかなり古典的な題材を玩具にしたてあげた20Qという玩具ですが、まじすげー。

東急ハンズで試した様子を簡単に書きます。

実の所この20個の質問というのは、かなり多いのです。効率的に進行させればかなり早い段階で答えを限定する事ができます。ただしそこは機械が相手なので、あまり奇を衒った物や、二段階以上で指定しているもの(バルタン星人の奥歯等。)は確実に無理でゲームとしてつまらなくなります。しかし、この手のゲームは、簡単な答えだと、意外なほどに瞬殺されるものです。そういうわけで、意地悪しているわけではないけれど、でもこれは分からないだろう、という一般名詞を選択するのが正しい遊び方となります。

で、私は「さそり」に決めたわけです。象やキリンよりは難しいけれど、動物の範囲内である分20Qにも勝機はあるだろうと。

20Qの真価はここから。
彼は、迷走しまくったのです。「さそり」にいくらかなりとも通じる質問は「それは哺乳類ですか?」「それは爬虫類ですか?」「足が四本ありますか?」「尻尾がありますか?」「赤い色をしていますか?」「茶色ですか?」
くらいでした。というか、彼は、「それは哺乳類ですか?」と、「尻尾がありますか?」を最後にもう一度繰り返しすらした。

で、どう考えてもこれじゃ答えは限定されないなあ、と思って、後はどんな答えがくるのかだけを楽しみにしていたわけですが、彼は見事に「サソリ」と答えたのでした。

いやほんと、この手のは順当に絞り込んだあげくに正答するってのは面白くなくて、どう考えても答えにたどり着けたとは思えないところに不意打ちで正答されて束の間の神秘主義に浸れるのが魅力なわけですが、いや~心臓に悪い。

もう少しはっきり言うと、こいつがした質問では、どう考えても、「エビ」と「サソリ」を区別できないのです。にも関わらず私は「サソリ」を選択し、彼も「サソリ」と答えた。

いや驚き驚き。

このゲーム、人間同士がやる場合には、少しずつ範囲を限定していきながら理詰めで答えにたどり着くという風になるのが普通なわけですが、適切に``育てられた''人工知能というのは、人間の知能よりも融通が利かないものの部分的に人間よりも優れ得る。というのも、彼が知っているのは、何がどんな性質を持っているかではなく、「とりあえず何か思い浮かべて」といわれた時に人が何を思い浮かべ易いかに関する統計的傾向、そして様様な質問に対する回答の統計的パターンだからです(実装の仕方によっては、人間同士がこのゲームをやる場合に(意図的でなくても)決定的な反則になり得る``誤答''に対する耐性すら生まれる)。従って、20Qに簡単か難しいかというのは実はあまり関係なく、その状況におかれた人間として標準的でない選択をする必要がある。数千円の玩具と言えど結構な容量のメモリにデータベースを乗せているだろうことを考えると、これって実は、人間如きにはかなり荷が重い。

正答率78.5%ってのはかなり良質(というかこの場合質よりも量が決定的に重要)な育てられ方をされたのだろうな、と思うわけですが、どうやら上のサイトによればブログや2chを通じて教育サイトが広まったそう。人工知能で一番大変なのは教育のプロセスであることを考えれば、いやはや、良い時代になったものだ。

ていうか正答率78.5%って改めて見てみるとすごいな。
タヨータイ (2006/03/23(木) 01:35:09)
さて、今ひたすら「微分形式による解析力学」を読んでいるわけだが、似たようなタイトルの本として「解析力学と微分形式」があってどうやらこちらは結構有名らしい。

で、この「解析力学と微分形式」も持っているのだが、そのまえがきに面白い事が書いてある(強調はRukeによる)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本書では多様体は導入しないが、本書と「電磁場とベクトル解析」で述べたことをあわせると、多様体の教科書で述べられている事柄の多くを(多様体の定義を除いて)学ぶことになる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これ何だかめちゃくちゃ笑える。数学っぽい人が見たら色々な事を言いそうだ。
ニャルホド (2006/03/19(日) 17:25:35)
ああ、カルタンの原理って、思想的な背景(初期条件から伸びる解曲線ではなく領域、集団の時間発展に目を向ける)を持った力学原理の等価な書き換えという側面とともに、変分原理を微分形式に親和性が高いように書き換えるっていう、純粋に技術的な側面があるのか。つまり、端点を固定しない一般の変分に対して、運動の経路上で
δJ=∫dΘ=[Θ], Θ=pδq-Eδt
が成り立つ。
あるいはパラメタである時刻を陽に書いて
δJ=∫dΘ/dt dt=Θ(t2)-Θ(t1), Θ(t)=p(q(t),dq(t)/dt)δq(t)-E(q(t),dq(t)/dt)δt(t)

だけど、このΘは微分形式の言葉では飽くまで0-形式であって1-形式ではない。もちろん、対応する1-形式Ωを定義する事は直ちに可能だ。それは基本1-形式と呼ばれている。問題は、δJの積分に出てくるdΘ、あるいはdΘ/dtの分子は、2-形式dΩに対応しない事だ。

外微分dが大雑把に言って差分をとる演算であるという捉え方は0-形式に対する外微分の場合にしか正しくない。否、それは確かに一般のn-形式に対して正しいのであるが、それはまさに、Stokesの定理の意味のみにおいて正しいのであって、外微分dが二地点における差分を意味するのは0-形式に対してだけだ。従って、「運動の経路に沿ってδJ=∫dΘ=[Θ]」を微分形式の言葉で書いて微小量という概念を表立たせないようにしたければ、さらに端点を経路管に沿ってぐるりと一周させて、dΘが面積領域にかけて足し上げられるようにする必要がある。このときδJの足し上げは0であるからすなわち、
0=∫∫dΘ=∫Θ-∫Θ
ここで逐次積分を面積積分と対応させた時に初めてそれは2-形式dΩの積分に対応する。経路管に沿ったΩの一周積分が、選んだ経路管にのみ依存する、これがカルタンの原理だ。
覚え書きリンク
http://www.ecs.shimane-u.ac.jp/~kyoshida/control3.htm
ゴールドスタイン (2006/03/18(土) 01:53:55)
あと、ゴールドスタインの「古典力学」を持っておきたいな、と思っていたのだが、原書第三版の邦訳が出るそうじゃないか。素晴らしい。
http://www3.ocn.ne.jp/~yoshioka/coming.html
ンデモッテ (2006/03/17(金) 22:32:08)
シュッツの「物理学における幾何学的方法」を買っておいた。当面、忠実に読む予定はないけれど、幾何学の概念が図版付きで解説されているとほっとする。
フクザツケイ (2006/03/17(金) 21:06:57)
複雑系を複雑さによって特徴付けるのは良くない事だ。
エンタングルメントを奇妙さによって特徴付けるのは良くない事だ。

それがむしろ基本的でありふれているという事こそがこれらの概念を重要たらしめているのだから。
ファーストインテグラル (2006/03/17(金) 01:14:05)
第一積分の章に入って、フロベニウスの定理の基本的な応用として運動方程式が完全積分可能(*ここでは曲線が解になるというだけの意味)である事を丁寧に書いてあるのをそのまま追ってみた。だけど、まあ、フロベニウスの定理自体が、自由に経路を指定できる自由度について経路を指定してしまって常微分方程式にしてしまえば(いくつかの注意の下で)解が存在する事を背景に、経路が異なっても積分の結果が変わらないかどうかの必要十分条件を与えるわけだから、その意味でまるっきり自明な話だ。フロベニウスの定理の基本的な例として見るべきかな。

まあとにかくようやく先が見えてきたかな。この本は拘束系の議論まで進まないと意味がないからなあ。
そんなわけがない (2006/03/15(水) 23:23:21)
やっぱりそんなわけがないなあ。
シンプレクティク (2006/03/15(水) 19:55:20)
たった数ページしかないシンプレクティク変換の項で数日つまづいてしまった。記号の使い方が怪しすぎる。。。

正準方程式を不変にする変換のうちで特にシンプレクティク変換だけを考える理由が(綺麗な構造があるということ以外)良く分かっていなかったのだが、本屋で一般の場合はシンプレクティク変換とスケール変換分しか違わない、という記述を見かけた。何か良く考えずに書いてあるっぽかったのだが本当だったら嬉しい内容なのでちょっと証明を考えてみよう。
ブラケット (2006/03/12(日) 21:52:29)
一日で括弧式が三つも~。やっとシンプレクティク形式が分かってきた。
カブ (2006/03/11(土) 23:46:27)
松井証券に出した口座開設申し込みが、お前なんかに株は無理だとばかりに書名欄未署名で帰ってきたのを申し込みしなおしていたのですが、やっと開設されたようです。さあ次の問題は今の生活リズムだと起きた時には午後の半分が終わっている事。
ギョーレツ (2006/03/11(土) 01:41:54)
反対称行列Aのrankが偶数ってのを証明するのに結構悩んでしまった。結局抽象的な議論を放棄して、行列の基本変形と数学的帰納法を使う方針にしたらあっさりできた。rankを独立な行または列の最大数とするのって何だか気持ちが悪いんだよなあ(だいたい行の場合と列の場合で最大数が同じになることすら自明に見えない)。Im Aの次元って定義の方が格好良い気がする。しかし実力もないのに勝手な嗜好を持ってはいかん。

しかしこの方針にしたせいでもう一つ必要だった反対称行列に一行一列を追加して新しい反対称行列を作った時にrankは変わらないか2増えるのみってのが自動的に証明された。
トエフル (2006/03/10(金) 16:09:33)
TOEFL受けてきた。そして、リスニングが全然できなかった。二回くらい何言ってんだかまるっきりわからないことがあった。んで、
Listening 19
Structure/Writing (最大)28
Reading 25

という、受験英語だけはばっちりな東大生~みたいな結果になってしまった。それで実際受験英語がばっちりなら良いのだが、そんな事はない(汗)ので、Listeningが実力通りだとすると、次回以降確実にスコアは下がる。Strucutreは自信がない問題が何度もあったからなあ。

逆にReadingは、はっきり言って間違える要素が全く見当たらないので毎回満点でも良いくらいなのだが、二回の練習も含めて、いつも25なんだよな。

Writingであまり高得点も期待できないし、200点を割っていたらもう一度受けよう。
スリーデグリー (2006/03/08(水) 19:23:39)

先日買ったワイヤレスキーボードのレシーバーをPCに接続した状態が、本能的に不安を掻き立てられるようなありさまになったので、3D-USBというのを買ってきた。

コネクタを曲げられるからと大げさに3Dと言っているのかと思ったら、3軸ぐりぐり可動で萌え萌え。

3DUSB.jpg

しかし以外と長さがあるので、縦にすると(左の二つ)かなり格好悪い。というかどうやっても格好悪い。
receiverafter.jpg

結局一番右の形にしたけれど何かやだなあ。やっぱり内蔵Bluetoothが無線Lan並に当たり前になって無線機器は皆Bluetoothになるべきなのだろう。
ハミルトン、ヤコビ (2006/03/07(火) 21:04:03)
あと、カルタンの原理の章で面白かったのは、ハミルトン・ヤコビの母関数Wの存在の正当化がカルタンの原理からできるという話だ。カルタンの原理は、Ω=pdq-Edtの閉曲線での一周積分が、経路管を一周する任意の閉曲線について一定であるという物だ。(これは大雑把に言って、実現する運動経路についての作用積分の変分が相空間でも位相空間でもδJ=∫dΩとなるためで、従ってこの原理は相空間、位相空間のいずれでも成り立つ。)

そこで座標の初期条件q(0)を固定する。この時任意の時刻とそこでの座標qの組(t,q)を指定すると、それが乗っている運動の経路が(局所的には)決まり(変分原理は正にその決まり方を与える)、そこでの速度ξにせよ運動量pにせよ全て決まってしまう。つまり、速度も運動量も(q,t)の関数としてξ(q,t), p(q,t)と書かれる。今自由な変数はq,tのみであり、q,tを適当に動かして閉曲線を指定する。そこでのΩ=p(q,t)dq-E(q,ξ(q,t),t)dt(Eの項はH(q,p(q,t),t)でも良い)の積分は必ず0である。というのも、この閉曲線の各点について時間を遡って(あるいは進めて)t=0まで行けば、それらの座標q(0)および時刻t=0は全て一致し、Ω=pdq-Edtの積分は明らかに0であるからである。

この事は1形式Ωの一周積分が常に0となる事から、(q(0)でパラメタ付けされた)ある関数W(q,t)があって、dW=Ωが成り立つ。q,tは自由であるから、W_q=p, E+W_t=0が得られる。上の段落までの説明がいささか長いがこれはカルタンの原理の下でほとんど自明の事項であり、ハミルトン・ヤコビの方法で基本的な重要性を持つ、運動経路を限定するN個のパラメタを陰に想定する(ただしそれはハミルトン・ヤコビの方程式に陽には現われず、従ってそれは積分定数であって高い自由度を持つというのが技術的なメリットであると思うのだが、一方でその点を教科書ではきちんと書いていなくてやけに苦労した記憶がある)そのようなパラメタとして、ある時刻における座標をとるという非常に簡単なケースについて具体的にWの存在がポアソンの補題から直ちに言えるというわけだ。
イチフォーム (2006/03/07(火) 19:53:33)
ここ数日で最大の収穫は、1-形式というのは、単に(同次)1次式という意味以外の何でもないという事が理解できた事だ。今まで微分形式が導入されてなお、曖昧に微小量をイメージする感覚が抜けきれていなかった。なるほど、微小量もその比ならば有限だというのが微分の基本的発想だとするならば、逆に、どうせ比だけが効いてくる計算しかしない以上、もはや小さくある必要はないという考え方があり得るわけだ。dq/dtを変換性が同じであるというのみならず「接空間の元である」という言い方を何度も見てやっとそういうことが得心できた。つまりdx, dyは座標であり変数であって、100万でも1億でも好きな数字を代入できる。

そうやって微小量というアイデアを露わには完全に理論から消去して、単なる実数座標を持つ空間の間の写像のみによって微小量の扱いを可能にするというのが、微分形式の基本的なアイデアのようだ。あったま良いなあ。
カルタン (2006/03/07(火) 08:03:21)
カルタンの原理の章、短いわりに時間がかかってしまった。原理そのものの書き換えに形式以上の何かを見出そうとした、先人達の必死のあがきが感じられて楽しい。
ジョイスティック (2006/03/06(月) 18:32:14)
ジョイスティック付きコンパクトキーボードを買った。

コンセプトは理想のキーボードにかなり(今まで使っていたAcer AIRKEYよりも)近いのだが、それ以前にキーボードとしての基本的な作りで結構不満が出るなあ。プラスティック筐体が始め歪んでて机の上に水平にのらなかったし。配列についてはHOME,END,PgUp,PgDnが省略されていないとか良い部分もあるし慣れの問題もあると思うのでしばらく使ってみるけれど、スペースバーが真中にないのはひどすぎる。。ウインドゥズキーは二つもいらん。
ラグランジアン (2006/03/03(金) 18:22:51)
余り文明的とは言い難い生活を敢行して、「微分形式による解析力学」を読み進めていたのだが、意外と第一章でつまってしまったのを乗り越えた後はスムーズに読めるようになってきて、二章と三章は一日ずつで終わらせる事ができた。これで前半のハイライトと位置付けておいた、「運動方程式からのラグランジアンの逆算」までを読了する事ができた。何だか微妙なスキルだが、個人的には非常に欲しかったスキルでもあり満足。

そして、こうしてみると、ラグランジュ系とかハミルトン系とかいうのは、古典的な時間発展する系一般の中ではかなり特殊であることが良くわかる。しかし量子力学を通してみるとそれは自然なのだ。ニュートンの運動の三法則のうち、見かけに反して、作用反作用の法則は超重要であって実にいろいろな事が(ある視点からは量子力学さえも)その時点で示唆されているのだなあ、と感慨深い。
#↑を書いていて、あれ、でも、位置に依存する力の保存力の条件って別に要請されるよな、と思って少し考えて気が付いたのだが、一質点が受ける位置に依存する力が保存力である条件って、実は異なる自由度間の作用反作用の法則と捉える事ができる。
サイクル (2006/03/02(木) 23:46:08)
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2006/03/0301.html
技術者の夢が実現しそうらしい。これは本当にすごい。ビル内で``流れるように''人が運ばれる。エレベーターがエスカレーターのようになるのだ。科学技術は常に意思と結果の距離を縮めてきたけれど、これは本当に、ビル内での人の移動を、完全に様変わりさせるだろう。
(C)Copyright 2003-2007 by Ruke All rights reserved. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。