RukeとLuNaYuの日記
I know the truth.
I know whole.
And I...know you.
平凡な大学生活の日記です。時折まじめな長文を書く病気になります。興味がなければ読み飛ばしてください。
201705 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201707
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベクトルポテンシャル (2005/03/07(月) 22:06:58)
今日の試験の後微妙に話題になっていた、div B=0 の下でのB=rot AなるベクトルポテンシャルAの存在に関しては、田崎先生の日記に同じ話題がある。
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/d/0411.html#22
つまり、rot E=0の下でEの線積分が端点だけの関数となる事からスカラポテンシャルを構成するのと同じような流れ、という意味での初等的な方法はベクトルポテンシャルに関してはない。

ただこれは初等的というのをどう捉えるかという問題であって、デルタ関数のラフな取り扱いに慣れていて、グリーン関数のような物を何度か目にした事があれば、線形で重ね合わせが効くケースである以上「原因が一点だけにある場合」の解を見つけてしまえばそれを積分する事で形式解が作れるという見通しが当然持てるから、Aの存在はそれ程面倒なお話ではないし、そもそも議論の対象にするほどの大した問題というわけでもない。

だけどやっぱりスカラポテンシャルの初等的な構成法は素朴で魅力的だ。ベクトルポテンシャルで何らかのアナロジーが期待できるのではないかというアイデアは僕自身かなり真剣に考えた(いや去年の試験の時の逃避だけど)事があるので、こういった偉い先生達にばっちり否定されてしまうと何だか悲しい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あ~、これかこれか
2005/03/09(水) 02:59:21 |小田啓太|URL | #wr.8gKW6[ 編集]
そういえばこれ読んだ記憶ある!
しかし記憶に残っていなかったってことは理解した記憶がないってことかな。
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007 by Ruke All rights reserved. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。