RukeとLuNaYuの日記
I know the truth.
I know whole.
And I...know you.
平凡な大学生活の日記です。時折まじめな長文を書く病気になります。興味がなければ読み飛ばしてください。
200503 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200504
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アキハバラ (2005/03/09(水) 02:21:11)
今日は昼頃に母校に用事があって夜から学科のコンパだったので、その間の時間つぶしに結構歩きっぱなしで珍しく健康的な一日だった(色んな点で帳消しどころじゃないだろうけれど)。

本屋に寄ってちょっと嬉しかったことがあったのでそれは別に書くとして、秋葉原に久し振りに。でも最近は面白い物があんまりない。どこも同じような物を利益が出るぎりぎりで売っているだけ。ベアボーンキットの類は見ていて楽しいけれど衝動買いするような代物でもないし。下らない事でいいから機能上の付加価値がなければそうそう手を出す気にはなれないわけで。ちょっと前には光物やUSBポートを利用する小物が流行っていたけれどそうした物がなくなってしまっている。最近SLIでGeForceを二枚差し~ってのが流行っているらしいけれど、こういった物が訴求力を持つのは結局一部のマニアだけだ。二倍の投資をして二倍以下の速度を手に入れるなんてナンセンスにも程がある。それを使ってしかできない事が確かにあるのならば大抵の出費は許容できるのだけど(といっても経済状況次第だけど)。

まあこういった状況は店の体力が随分と落ちているせいなんだろう。そんな状況なので、色物の類はかえって大手が扱う傾向にある気がする。T-ZONEなんかは大手量販店の顔をしていながら時々意外な物が置いてあることで昔から有名だ。

んで、最近はプラットホームが随分と面白い(液晶でも、そしてRADEONでも使える3D眼鏡の存在はここを通して知った)。今日もレーザー投影のバーチャルキーボードと
AKIBA PC HOTLINEのページ
指先入力キーボード
AKIBA PC HOTLINEのページ
に触ってきた。バーチャルキーボードはやっぱり発展途上という感じだけど未来的で楽しい。

指先入力キーボードは、ネタや実験的な製品に見えるけれどこれはかなり本気で作られている。というのも、高速な入力デバイスは一部の業務の効率に直結するから需要が非常に高い需要が存在する(だから1万円とか2万円とかいうキーボードが普通に存在する)。この指先入力キーボードはだから、特殊なゲームのコントローラか何かに見えて実は文字入力を本当に高速に行えるようになっていて、ただし個人をターゲットにしていない。何と値段は30万円である。。。1万円以下なら買ってもいいんだけどな。

#このプラットホームは法人ユーザを大きなターゲットにしているんだけど、今日行ったらちょうど東大からの注文に対応していた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007 by Ruke All rights reserved. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。