RukeとLuNaYuの日記
I know the truth.
I know whole.
And I...know you.
平凡な大学生活の日記です。時折まじめな長文を書く病気になります。興味がなければ読み飛ばしてください。
200503 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200504
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジカンノオクレ (2005/09/06(火) 18:52:35)
さて、「運動する時計は遅れる」についても全く同じ事が言える。物理法則の詳細に関わらずに必ず(相対論が正しいとして)断言できる事は、ある慣性系においてx=0に静止しているように記述される時計が、例えばt=0に``0''を指し、t=Tに``1''を指すとして、別の慣性系では、x'=0,t'=0に時計が``0''を指しx'=vT/sqrt(1-v^2/c^2), t'=T/sqrt(1-v^2/c^2)に``1''を指すとして同じ現象を記述できるという事だ。

前回にも議論したように、この、記述の仕方の任意性は、物理学者だけが関係する技術的な問題だ。

もちろん、この事から直ちに、「運動する時計は遅れるだろう」と期待する事ができる。しかし、これは前回の記事同様、「速度が変化した後、速やかに``通常の状態''が実現するだろう。すると、その状態と静止状態とはローレンツ変換で結び付けられるはずだ」という意味だ。実際にそれが起こるかどうかは、個別の加速の行われ方に依存する。ひょっとしたら時計は全く狂ってしまうかもしれないし、壊れてしまうかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007 by Ruke All rights reserved. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。