RukeとLuNaYuの日記
I know the truth.
I know whole.
And I...know you.
平凡な大学生活の日記です。時折まじめな長文を書く病気になります。興味がなければ読み飛ばしてください。
201707 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201709
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショーバイ (2005/10/15(土) 23:19:20)
そうそう、たまにはamazon アソシエイトを使おう。



ちなみに、表紙がめちゃ格好良いので、それだけでも買う価値がある。原書I巻にあたる分までを読むためには邦訳の2巻目まで読む必要がある。


副読本に。朝永先生の教科書は読んだ事もないけれど、遺稿をまとめたこれは雰囲気が結構良い。ワインバーグの本でクレブシュ・ゴルダン係数などを補うためだけならローズの本だけで十分かも。


量子論の教科書。基本を学ぶだけならば後者の雰囲気が好きだけど、清水先生の本は相当に一般的な事情を考慮して書いてる部分がたくさんあって含蓄が深い。


測定の問題について読み物的に読める本。後者は怪しげなトンデモ本の雰囲気がするけれど、堅気の研究者が繊細な問題にまで真摯に言及していて、その癖薄くて一般向けの非常に良い本。

話題は変わって、「魔術師ポルガラ」シリーズの邦訳が出始めています。

これは原書を読んでいないので楽しみ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007 by Ruke All rights reserved. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。