RukeとLuNaYuの日記
I know the truth.
I know whole.
And I...know you.
平凡な大学生活の日記です。時折まじめな長文を書く病気になります。興味がなければ読み飛ばしてください。
201707 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201709
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴイエムウェアプレイヤー (2005/10/25(火) 00:58:02)
VMWare, Inc.が、VMWare Playerとかいうとんでもない物を出してきやがった。

既存のVMWareユーザへの建前上VMWareを買わないと仮想マシンの作成ができないとなっているが、その制限はほとんど意味が無い。Virtual PCをMicrosoftが買った事、QEMUやXENの存在が大きいのだろうけど大胆な事をした物だ。独立性の高いPC環境のカプセル化という点に重点を置くようになってきている現在の戦略では当然と言えば当然ではあるけれど、相当に頭の切れる人が、大博打を打っている感じがする。

というよりもむしろ、VMWARE CENTERから仮想マシンがダウンロードできるとなれば、VMWAREを買ってきて自分でOSのセットアップから始めるよりも、よほど楽なくらいだ。出来ないのはハードウェアのコンフィギュレーションくらいという事になるけれど、普通ネットワークについての最大公約数的な設定が施してあれば十分だろう。

#ていうか確実に、仮想マシンを作成するツールとか、OSがインストールされていない仮想マシンとかをすぐに誰かが配布するようになるだろうし。

ちゅうわけで、一部で需要があるかもと思って今まで使ってきたSUSE LINUXのMathematicaフォントが導入してあって学校のサーバにアクセスしてMathematicaが使えて、後、ローカルでもOctaveが使えるようになっている奴を、人に渡せるように少しいじってみた。でも、VMWARE CENTERで各種LINUXの仮想マシンを配布しているので、ひょっとしたらこれをダウンロードしてフォントの導入程度の操作をするくらいですぐに使い物になるのかもしれない。偉いこっちゃ。相談員のページで紹介しても良いんじゃないかなあ。

#VMWARE PLAYERはVMWAREと共存できないようなので具体的な事は何も試せてはいない。それこそ仮想マシンにインストールすればよいのだけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007 by Ruke All rights reserved. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。