RukeとLuNaYuの日記
I know the truth.
I know whole.
And I...know you.
平凡な大学生活の日記です。時折まじめな長文を書く病気になります。興味がなければ読み飛ばしてください。
201703 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201705
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
履修漏れの問題で、「生徒が受験に関係する科目に力をいれる事を希望した」というような「言い訳」が聞こえてくる。それに対する反応は大体、「生徒を言い訳にするとは見苦しい」という叱責かあるいは「でも確かに現場も一杯一杯だよね」という同情だ。だが、問題はもっと別の所にあるのではないだろうか。これが適当な言い繕いであるにせよもう少し実情に近いにせよ、一体この言い訳は誰に対して発せられた言葉なのか。教育委員会、政府、マスコミ、保護者。 教育の主体たる生徒達は一体どこに行ったのか

この問題で被害を受けたのは生徒達だ。他の誰も被害を受けてはいない。言い分けの対象は生徒達であるはずだ。「他校もやっているしカリキュラムの消化が厳しく止むを得なかった」などというのならば言い訳にもなるだろう。しかし「君たちの希望に沿っただけだ」は開き直りであって言い訳にはならない。しかもこれが責任逃れの言い訳であるかなどそもそも問題ではない。例えそれが実情であったとしても、それはそもそも全く理由として成り立っていない。生徒達が無用のリスクを背負わせられるはめになったというのがこの問題であり生徒達の利益のためだった、というのでは全く理由にならない。

問題は単純だ。生徒達が損害を被った。それだけだ。しかしその損害を適切に位置付け評価し補償するという事はどうやら今のところ難しいらしい。少なくとも社会的に言ってそれは全く行われていない。そうであるならばこれは裁判によって解決されるべき問題だ。社会の仕組みとして、その他の方法は存在しない(もちろん当事者達が受験を終えて余裕ができてからという事になるだろうが)。

森元総理大臣が「かわいそうだ。もう一度授業を受けさせるようなことは必要ない。寛大な措置を取るべきだ。」と言ったらしい。同情とは弱者に対する物だ。あるいは、責任の所在や罰則について選択の余地がないが、しかしそのおかれた状況については理解できなくもない、というような場合にのみ成り立つ事だ。だから、問題の発覚した学校の教員に対する同情はあり得る事だ。しかし生徒達が同情されるべき理由は何もない。彼等は教育において主体であり権利を有している。それが全てのはずだ。

だから、救済措置という議論は全くとんちんかんな話だ。どうやら彼等にとって、学校教育における学習とは、生徒達が耐え忍ぶ事を要求される苦行であるらしい。彼等、と言ったが、もちろんそれは、教育に対する最も一般的な-しかし間違った-捉え方だ。彼等はもう高校3年で長い間その苦行に耐えてきて今や受験を目前にして後もう少しでこの苦行から開放されると思って必死で頑張っている。それなのに大人の勝手な都合で突然追加の苦行が降ってくるなんてとても可哀想ではないか。いやいやしかし世の中には正規の苦行をきちんとこなしてきた上で最後の苦行たる受験に向かって頑張っている生徒達もいるのだ。救済策なんて実施したら不公平ではないか。云々云々。

いつもと同じだ。主体としての生徒の立場は完全に忘れ去られている。救済策に賛成しようと反対しようと、生徒達は最大公約数的に決められたルールに従う事が定められているだけの存在として扱われ、その上で、問題を最小にする解が論じられる。生徒が損害を受ける事それ自体には誰も疑問を呈さない。ただ、その損害を最小にする術が論じられるだけだ。あたかも工場の生産ラインに問題が生じたかのように。

問題は、生徒達が貰う事ができるはずの物を貰っていない、あるいは、貰う事ができなくなりそうだ、という事だ。これは単に必修の課目を教わっていない、というだけの問題ではない。明らかにほとんどの勉強が好きではない生徒にとって、それは問題ではないだろう。しかしそれでも問題は存在する。例えば、彼らが海外の大学に留学しようと考えた時、高校卒業が正当な物として認められないという事態が起き得る可能性だ。もちろん実際にはそうした事態が起きる事はまずないだろう。しかし逆に言えば、日本という経済大国における公的教育というものはとても大きな意味を持っていて、それはそう簡単に揺らいではならないものであるという事だ。そしてそれにも関わらず今スキャンダラスな事態が起きた。生徒達は無用のリスクを自分達に責任のない理由から背負うはめになった。それが問題の本質だ。そうであるならば、救済策によってとにかく卒業させてあげようなどという考えは全くもって話にならないのである。

従って
1.生徒達は、彼等が全く誰からも文句のつけようがない形で高校卒業という資格を取得できるような措置をとるよう要求すべきである。
2.その際彼等の負担ができる限り少なくなるよう配慮するように要求し(例えば受験の後に補講をする等。また、もちろんこの期に及んでは、生徒達は「自ら進んで興味を持って目をきらきらさせながら」学習する義理など全くない(元からないのだが)。)、また教員や学校の負担が大きくなるという理由で適切な措置が取られないというような事態に対しては容赦すべきではない。
3.さらにこのような措置で補いきれない損害について、裁判で争い、金銭的に決着をつけるべきである(この場合、それが小さいとか必要ないのではないかといった考えからこのステップを省略すべきではない。というのも、裁判とはそれ自体の意味だけではなく、常に前例を積み重ねるという意味があるからだ)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ経済学部の大学受験について情報交換しませんか?
2006/12/11(月) 18:56:28 | ドラゴン桜を超えた!? 大学受験勉強法
(C)Copyright 2003-2007 by Ruke All rights reserved. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。