RukeとLuNaYuの日記
I know the truth.
I know whole.
And I...know you.
平凡な大学生活の日記です。時折まじめな長文を書く病気になります。興味がなければ読み飛ばしてください。
201703 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201705
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イーピーアール (2006/10/30(月) 02:16:43)
EPRがやっと分かったー。「古典的な世界観」はEPRだけが持っていたわけじゃないんだ。「曖昧な言葉達」は全てコペンハーゲン学派の言葉なんだ。だからBohrはすぐさま反論を書けたんだな。「誰も月を見ていない時、果たして月は存在していると言えるのだろうか」みたいな哲学っぽい主張による古典物理の修正として量子力学を解釈して満足してしまうとても科学的とは言えない姿勢をとっていた人々に対して、その修正が一貫した処方箋になっていないじゃないか、と批判したのがEPR論文だったわけだ。だから``incomplete''なわけだ。それでEPR criterionに基づくx,pは両方とも実在している、という議論が活きてくる。physical realityとかphysical propertyとかの概念の曖昧さはどうでも良くって、「我々が観測して初めて対象の性質が実在するというのが最新の哲学なのだよ、うおっほん」という人々に対してxもpも直接観測する事なく後に観測した時に得られる値を知る手段が存在するじゃないか、と指摘したわけだ。

#EPR論文を読んだ時、xもpもEPR criterionを満たす、故に両方とも実在しているという部分は数式を用いて``証明''が与えられているのに、「しかしまた量子力学によればxとpは同時には実在できない」の部分にほとんど説明が与えられていないのに違和感を感じた。その主張は実在という概念に依存するからだ。しかしなるほど、「xとpは同時には実在できない」とは確かに(ボーア等の)量子力学の主張なわけだ。

現代の我々から見れば結局それは、測定を一貫した方法で定式化すべし、という問題だと直ぐにわかるわけだけど、EPRの姿勢はむしろコペンハーゲン学派寄りで古典物理(特に時空の各点に数字が書いてあるという世界観)を修正を受ける余地はあるにせよ基本的な基盤と見なしていて、その上でボーア等の哲学的解釈でお茶を濁して満足してしまう姿勢に満足しなかったから``incomplete''と指摘したわけだ。4ページの論文を使って、まだすべき事と考えるべき事が残っているぞ、サボるな、と尻を叩いたわけだ。そりゃそうだ。確かに全くもってincompleteだよ。そんなの。

結局当時だって、確率解釈の登場以降状況が急速に整備されて(ちょっと歴史はよく知らないが)、哲学的解釈の意義は全く消え去っていき、Bohm等の整理によって問題は量子力学の確率的部分が時空の各点に書いてある数字に関する知識の欠落に帰せられるのかどうかであるという理解が形成され、Bellの不等式へと繋がっていくわけだから、まあEPR論文それ自体はやっぱり歴史的な価値は疑いようもないにせよ頑張って読んで量子論について何が得られるというような物ではない。せいぜい``complete theory''の可能性を提案して後の研究の動機付けになったというだけだ(いや、動機は一番重要なんだけど)。ただうん、当時の空気という物は良く分かった。

その代わり、EPR論文から正しい科学的姿勢に関する反省を得る事はできるだろう。「誰も月を見ていない時、果たして月は存在していると言えるのだろうか」に対する答えは「知るかそんな事」だ。学問領域の間に単に伝統的な理由だけから簡単に境界を引くべきではないのは確かだ。しかしまた、異なる学問領域はそう簡単に近づくものでもない。物理学が哲学をも扱えるようになったという幻想と、哲学が物理学をも扱えるようになったという幻想。それは両者にとってとても不幸な出来事だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007 by Ruke All rights reserved. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。